Styles からのメッセージ

乳がんの治療は多様化するとともに長期化する傾向にあります。

治療とうまく付き合いながら
自分らしいライフスタイルを維持するためには、ちょっとした工夫が必要です。

Stylesは、治療後の自分自身との向き合い方や妊娠や恋愛・仕事といった
ほかの患者会では少し話しにくいと感じる話題でも
安心して話し合える場を提供したいと思っています。

ひとりひとりの経験知を一緒にあつめてみませんか?


上智大学 総合人間科学部 看護学科 准教授
昭和大学病院 ブレストセンター (保健学博士・看護師)

Styles 医療者世話人 渡邊知映
2020-07-01 : Styles の活動趣旨・内容 :
Pagetop

ようこそ Styles へ


Styles 〜 Young Breast Cancer Survivors 〜

『 おおらかに しなやかに そして美しく 』をモットーに

若年で乳がんを体験したサバイバーが集い
サバイバー同士が互いに支え合うこと
サバイバーとして生きて行く上で役立つ知恵を養うこと
を活動の目的としています。

その活動の中心は「 ちえゼミ 」「 Styles Cafe 」「 Styles Beauty 」 です。


「 Styles 」 を初めるにあたっての発起人の想いや活動方針
参加条件、コアテーマの説明について記載してあります。どうぞお読み下さい。

※ 下記色付きの文字をクリックするとリンクの先ページが開きます

「 Styles 」 Mission & Vision  「 Styles 」 Mottto

「 Styles 」 概要・参加条件   「 Styles 」 設立趣旨  

「 Styles 」 コアテーマ
 『 乳がん医療とリプロダクティブ・ヘルス/ライツを考える 』



※ Styles では、医療相談や医療機関の紹介は行っておりません。
  ご相談されてもお答えしかねますので、あらかじめご了承下さい。

※ Styles は、昭和大学病院ブレストセンターの御厚意により
  併設されている「リボンズハウス」をお借りして活動していますが
  昭和大学病院ブレストセンター主催の患者会ではありません。
  ブレストセンターへのお問い合わせは、ご遠慮下さいますようお願い申し上げます。
 
  「リボンズハウス」を運営している「キャンサーリボンズ」の活動でもありません。
  キャンサーリボンズへのお問い合わせもご遠慮下さいますようお願い申し上げます。

※ 当ブログはFC2無料ブログを利用しています(パソコンで最適にご覧になれます)
  ブログ内に表示される宣伝はStylesとは一切関係ありません。

※ Styles 内における宗教・健康食品の等の勧誘
  特定政党の支持・選挙協力の依頼等はご遠慮下さい。
 (万が一トラブルが発生した場合、当事者間で解決して頂くことになります)

  
  参加者同士が気持ちよく集える場にしていきましょう。
2011-07-01 : Styles の活動趣旨・内容 :
Pagetop

活動場所について

* Styles 活動場所 *

昭和大学病院 中央棟(外来棟)3階 ブレストセンター内「リボンズハウス」

「リボンズハウス」はがん患者さんの「治療と生活」をつなぐ
具体的な情報とケア体験を提供する場所です。

リボンズハウス  リボンズハウス(ロゴ入り)

昭和大学病院(東急池上線、大井町線「旗の台」駅より徒歩5分)
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8
http://www.showa-breast.com/institution/access/

※ Styles は、昭和大学病院ブレストセンターの御厚意により
  併設されている「リボンズハウス」をお借りして活動していますが
  昭和大学病院ブレストセンター主催の患者会ではありません。
  ブレストセンターへのお問い合わせは、ご遠慮下さいますようお願い申し上げます。
 
 「リボンズハウス」を運営している「キャンサーリボンズ」の活動でもありません。
  キャンサーリボンズへのお問い合わせもご遠慮下さいますようお願い申し上げます。

2011-07-01 : Styles の活動趣旨・内容 :
Pagetop

「 Styles Beauty 」 について


「 Styles Beauty 」 ~より美しく生きる~

Stylesのモットーとして掲げている「より美しく」。
その美をさらにランクアップするためにお役立て頂けるような
プログラム(セミナー等)の実施を考えています。

このプログラムが女性としてのときめきを
再確認できる場になると嬉しいです。

具体的なプログラムや日程などは
実施が決まり次第のお知らせになります。
(年1回程度、開催予定。現在開催日は未定です)

どうぞ、お楽しみに。

2011-07-01 : Styles の活動趣旨・内容 :
Pagetop

「ちえゼミ」について

「ちえゼミ」とは・・・

自らの抱える問題・課題を正しく理解し語り合い「知恵」(=患者力)を養う場
 
 闘病のための知識を得て 自らの知恵とし
   恵み多き人生を歩みましょう


「化学療法と妊娠出産」「がん治療とセクシャリティ」の研究者である
渡邊知映 (わたなべ ちえ)
上智大学 総合人間科学部 看護学科 准教授 (保健学博士・看護師 )
昭和大学 医学部 乳腺外科 兼任講師 とともに作る
少人数制の学びとお話し合いの集いです。
  
講師兼ファシリテーターは渡邊知映が務めます。
事前に各回毎の「テーマ」や治療法別等の参加条件を設定し 
その「テーマ」にご感心があり、参加条件に合った方にご参加頂きます。

同じような問題や課題を持った者同士が話し合う中で得た知恵が
あなたの心を「しなやかに」保ちますように。
 

ちえゼミのテーマや参加条件は
Styles Cafeやちえゼミにご参加頂いた方々の「声」に基づいて決定します。
(各集まり毎に無記名のアンケートも実施します) 
ご希望のテーマがございましたら、是非とも「声」をお聞かせ下さい。


※  年4回開催予定。各回ごとにメールで申込み受付します。
  継続して参加する必要はありません。
  参加費500円 Styles運営のための賛助金としてご協力お願い致します。

 具体的な開催日時・申込方法については、こちらのブログでご案内します。
ちえゼミ
2011-07-01 : Styles の活動趣旨・内容 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

ようこそ Styles へ


若年で乳がんを体験した者が集い
互いに支え合うこと
体験を得たのちの生活で役立つ知恵を
養うことを活動の目的としている
若年乳がん体験者のためのコミュニティです。

活動内容、活動場所、コアテーマ
Stylesのモットー Mission & Vision
が書かれていますので
当ブログを初めて訪問された方は
「ようこそStylesへ」をご覧ください。

「 Styles 」 お問い合わせ先


styles.japan(アットマーク)gmail.com
【お願い】
(アットマーク)を@に変更後ご送信下さい
   ☆ お問い合わせ先は当メールのみです
   
ブログ管理:Styles
〜Young Breast Cancer Survivors〜
( 若年乳がん体験者のためのコミュニティ )

世話人:渡邊知映(わたなべちえ)
    若年性乳がん体験者1名
他、スタッフ2名の計4名で運営しています
(医療者である渡邊以外は罹患体験者です) Stylesは全員ボランティアスタッフで
専任スタッフはおりません

お問合せの返答にお時間を頂く場合もあります
ご理解ご協力をお願い致します

ブログ タイトル画作成 せんば あやこ

5/21(日) ちえゼミを開催します


今回のちえゼミは
「運動」をテーマにしています

実際にエクササイズも行いますが
気軽にできる内容にしますので
ぜひこの機会にご参加下さい!

申込方法などの詳細は
「5/21(日) ちえゼミの申込方法」
をご覧ください

がんサポートに掲載されました

がんサポート2011年12月号(エビデンス社)の
連載「届け!がん患者たちの声」で
Stylesの活動をご紹介頂いています
詳しくは下記リンク先をご覧下さい
がんサポート2011年12月号に掲載されました

Webでも閲覧できるようになりました
がんサポート情報センター 該当記事
(↑クリック)にて記事をお読み頂けます

NHK クローズアップ現代

2013年2月25日NHKクローズアップ現代で
「がんになっても子どもが欲しい」
がん治療と妊孕性保存について放送されました

放送内容がテキストで確認できます
詳しくは下記リンク先をご覧下さい
「がんになっても子どもが欲しい」
(↑パソコン用サイトへジャンプします)

朝日新聞に掲載されました

2012年10月朝日新聞の「がんとつきあう」に
Styles世話人・渡邊知映インタビューと
Stylesの活動紹介が掲載されました
詳しくは下記リンク先をご覧下さい
連載特集「がんとつきあう」
治療の裏に性の悩み(朝日新聞)

読売新聞に掲載されました

2011年8月読売新聞の患者会情報「支える」に
Stylesの紹介記事が掲載されました
詳しくは下記リンク先をご覧下さい
若年性乳がん 話し合える場に(読売新聞)

化学療法と性に関する小冊子 入手方法

参考になる無料小冊子をご紹介します

神田善伸、渡邊知映編

『 化学療法を受ける大切なあなたへ
      そしてあなたの大切な人へ 』

・化学療法が生殖機能へ及ぼす影響
・生殖機能の温存方法について
・パートナーとの接し方
・主治医への質問のポイント
   などが記述されています

関心のある方は、ぜひご一読下さい

<入手申込先>

郵便番号・住所・氏名・希望部数を記入の上
返信用封筒(長3以上のサイズ)に送付先を
明記して92円切手を同封のうえ郵送で
お申込み下さい
(希望部数が20部を超える場合は別途着払い)

〒102-8554
東京都千代田区紀尾井町7-1
上智大学 総合人間科学部 看護学科
准教授 渡邊知映 宛て


下記のサイトも併せてご参照下さい
厚生労働省 若年乳がん患者の
サバイバーシップ支援プログラム

「がん治療と性について」

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR