10/4(土) の ちえゼミ 特別編 について

9月の活動はお休みになります。
______________

10月の活動ですが
下記の講演&セミナーの聴講を『 ちえゼミ 特別編 』として推薦します。

(通常の「 ちえゼミ 」のように昭和大学病院ブレストセンター内の
リボンズハウスで行っている少人数制学習会ではありませんのでご了承下さいませ)

下記セミナーは事前にStylesへの申込の必要はありません。
どなたでも自由に参加できます。


10/4(土)ホテル日航東京 ペガサス(お台場)
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会
http://www2.convention.co.jp/jopbs2014/

13;40~14:20 (13;30より入場可能)
対談 「天のしずく」より学ぶ~外科医の心得

中村清吾 医師 (昭和大学乳腺外科 教授)
辰巳芳子 氏 (料理研究家 随筆家)
河邑厚徳 氏 (映画監督)

「命のスープ」(玄米を炒って煎じるスープ)でおなじみの
辰巳芳子さんと中村清吾医師との異色の対談で
中村医師から辰巳さんへのオファーで実現した講演のようです。
どのような話題が飛び出すのか?楽しみですね。


16;30~18;00 市民公開セミナー

16:30~16:45
山内英子 医師 (聖路加国際病院 ブレストセンター長)
「乳癌の基礎講座 貴方らしい選択のために」

16:50~17:05
南雲吉則 医師 (ナグモクリニック 総院長)
「再建の基礎知識 保険で出来ること出来ないこと」

パネルディスカッション Q&A
(閉会 18:00)

医療者だけではなく、どなたでも聴講可能で
参加費無料、事前受付なしでご参加頂けます
(もちろん、Stylesへの事前申込も不要です)。


詳しくは下記のチラシをご覧ください。
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)

jopbs2014.jpg

2014-09-04 : Styles からのお知らせ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

ようこそ Styles へ


若年で乳がんを体験した者が集い
互いに支え合うこと
体験を得たのちの生活で役立つ知恵を
養うことを活動の目的としている
若年乳がん体験者のためのコミュニティです。

活動内容、活動場所、コアテーマ
Stylesのモットー Mission & Vision
が書かれていますので
当ブログを初めて訪問された方は
「ようこそStylesへ」をご覧ください。

「 Styles 」 お問い合わせ先


styles.japan(アットマーク)gmail.com
【お願い】
(アットマーク)を@に変更後ご送信下さい
   ☆ お問い合わせ先は当メールのみです
   
ブログ管理:Styles
〜Young Breast Cancer Survivors〜
( 若年乳がん体験者のためのコミュニティ )

世話人:渡邊知映(わたなべちえ)
    若年性乳がん体験者1名
他、スタッフ2名の計4名で運営しています
(医療者である渡邊以外は罹患体験者です) Stylesは全員ボランティアスタッフで
専任スタッフはおりません

お問合せの返答にお時間を頂く場合もあります
ご理解ご協力をお願い致します

ブログ タイトル画作成 せんば あやこ

10/7(土) ちえゼミを開催します


「ちえゼミ」
= 双方向型の学習会 を開催します

詳細が決まりましたら
お知らせしますので
ご確認のほどお願いしますね


がんサポートに掲載されました

がんサポート2011年12月号(エビデンス社)の
連載「届け!がん患者たちの声」で
Stylesの活動をご紹介頂いています
詳しくは下記リンク先をご覧下さい
がんサポート2011年12月号に掲載されました

Webでも閲覧できるようになりました
がんサポート情報センター 該当記事
(↑クリック)にて記事をお読み頂けます

NHK クローズアップ現代

2013年2月25日NHKクローズアップ現代で
「がんになっても子どもが欲しい」
がん治療と妊孕性保存について放送されました

放送内容がテキストで確認できます
詳しくは下記リンク先をご覧下さい
「がんになっても子どもが欲しい」
(↑パソコン用サイトへジャンプします)

朝日新聞に掲載されました

2012年10月朝日新聞の「がんとつきあう」に
Styles世話人・渡邊知映インタビューと
Stylesの活動紹介が掲載されました
詳しくは下記リンク先をご覧下さい
連載特集「がんとつきあう」
治療の裏に性の悩み(朝日新聞)

読売新聞に掲載されました

2011年8月読売新聞の患者会情報「支える」に
Stylesの紹介記事が掲載されました
詳しくは下記リンク先をご覧下さい
若年性乳がん 話し合える場に(読売新聞)

化学療法と性に関する小冊子 入手方法

参考になる無料小冊子をご紹介します

神田善伸、渡邊知映編

『 化学療法を受ける大切なあなたへ
      そしてあなたの大切な人へ 』

・化学療法が生殖機能へ及ぼす影響
・生殖機能の温存方法について
・パートナーとの接し方
・主治医への質問のポイント
   などが記述されています

関心のある方は、ぜひご一読下さい

<入手申込先>

郵便番号・住所・氏名・希望部数を記入の上
返信用封筒(長3以上のサイズ)に送付先を
明記して92円切手を同封のうえ郵送で
お申込み下さい
(希望部数が20部を超える場合は別途着払い)

〒102-8554
東京都千代田区紀尾井町7-1
上智大学 総合人間科学部 看護学科
准教授 渡邊知映 宛て


下記のサイトも併せてご参照下さい
厚生労働省 若年乳がん患者の
サバイバーシップ支援プログラム

「がん治療と性について」

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR