がん患者、凍結卵子で妊娠 国内2例


卵子保存、がん克服後妊娠 35歳女性、国内2例目

国内の民間不妊治療施設でつくる「A-PART日本支部」は8日、
がん治療で卵子ができなくなる恐れのあった女性(35)が、
事前に冷凍保存しておいた卵子を使って、がん克服後に妊娠したと発表した。
同様の治療では国内2例目という。6日時点で妊娠9週目、経過は順調としている。

 卵子を保存した「加藤レディスクリニック」(東京都新宿区)によると、
女性は血液のがんである「悪性リンパ腫」を乗り越えて妊娠。
冷凍保存の卵子でがん治療経験者が妊娠したのは、
2011年に大阪府で無事出産した例があるという。

 女性は悪性リンパ腫の抗がん剤治療中の07年3月、
治療により卵子ができなくなる恐れがあったため、未受精卵子7個を採取。
病気を克服した後に結婚し、11年8月から保存していた卵子を使った
体外受精による不妊治療を始めていた。

(産経ニュース・ライフ 2012.3.8 より引用)
_____________________________________


がん患者、凍結卵子で妊娠 国内2例

 がんの未婚女性が治療前に卵子を凍結し、治癒後に結婚して体外受精を行い、
妊娠したケースが国内で2例あったことが8日、分かった。
うち1例は昨年出産していた。
がん患者の卵子凍結による妊娠例は国内で初めてという。

 加藤レディスクリニック(東京)によると、
07年3月に悪性リンパ腫の未婚女性(当時30歳)が、
治療後の出産を希望し、卵子7個を採取して凍結保存した。
半年後にがんが治り、10年5月に結婚したが、卵管の障害で自然妊娠しなかった。
そのため11年8月、凍結していた卵子3個で体外受精。2個が受精し、
うち一つを凍結させ、今年1月子宮に戻し、妊娠した。
また、藤野婦人科クリニック(大阪)によると、白血病の未婚女性が治療後に、
凍結卵子で妊娠、昨年出産したという。

がん治療では抗がん剤や放射線の影響で精巣や卵巣がダメージを受け、
不妊になることが多い。

同日記者会見した加藤レディスクリニックの竹原祐志副院長は
「がんの患者さんが、治療後に家族を持つことを治療の励みにしてくれればうれしい」
と話している。【斎藤広子】


(毎日新聞 2012年3月9日 東京朝刊より引用)
2012-03-09 : 掲載情報 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

ようこそ Styles へ


若年で乳がんを体験した者が集い
互いに支え合うこと
体験を得たのちの生活で役立つ知恵を
養うことを活動の目的としている
若年乳がん体験者のためのコミュニティです。

活動内容、活動場所、コアテーマ
Stylesのモットー Mission & Vision
が書かれていますので
当ブログを初めて訪問された方は
「ようこそStylesへ」をご覧ください。

「 Styles 」 お問い合わせ先


styles.japan(アットマーク)gmail.com
【お願い】
(アットマーク)を@に変更後ご送信下さい
   ☆ お問い合わせ先は当メールのみです
   
ブログ管理:Styles
〜Young Breast Cancer Survivors〜
( 若年乳がん体験者のためのコミュニティ )

世話人:渡邊知映(わたなべちえ)
    若年性乳がん体験者1名
他、スタッフ2名の計4名で運営しています
(医療者である渡邊以外は罹患体験者です) Stylesは全員ボランティアスタッフで
専任スタッフはおりません

お問合せの返答にお時間を頂く場合もあります
ご理解ご協力をお願い致します

ブログ タイトル画作成 せんば あやこ

5/21(日) ちえゼミを開催します


今回のちえゼミは
「運動」をテーマにしています

実際にエクササイズも行いますが
気軽にできる内容にしますので
ぜひこの機会にご参加下さい!

申込方法などの詳細は
「5/21(日) ちえゼミの申込方法」
をご覧ください

がんサポートに掲載されました

がんサポート2011年12月号(エビデンス社)の
連載「届け!がん患者たちの声」で
Stylesの活動をご紹介頂いています
詳しくは下記リンク先をご覧下さい
がんサポート2011年12月号に掲載されました

Webでも閲覧できるようになりました
がんサポート情報センター 該当記事
(↑クリック)にて記事をお読み頂けます

NHK クローズアップ現代

2013年2月25日NHKクローズアップ現代で
「がんになっても子どもが欲しい」
がん治療と妊孕性保存について放送されました

放送内容がテキストで確認できます
詳しくは下記リンク先をご覧下さい
「がんになっても子どもが欲しい」
(↑パソコン用サイトへジャンプします)

朝日新聞に掲載されました

2012年10月朝日新聞の「がんとつきあう」に
Styles世話人・渡邊知映インタビューと
Stylesの活動紹介が掲載されました
詳しくは下記リンク先をご覧下さい
連載特集「がんとつきあう」
治療の裏に性の悩み(朝日新聞)

読売新聞に掲載されました

2011年8月読売新聞の患者会情報「支える」に
Stylesの紹介記事が掲載されました
詳しくは下記リンク先をご覧下さい
若年性乳がん 話し合える場に(読売新聞)

化学療法と性に関する小冊子 入手方法

参考になる無料小冊子をご紹介します

神田善伸、渡邊知映編

『 化学療法を受ける大切なあなたへ
      そしてあなたの大切な人へ 』

・化学療法が生殖機能へ及ぼす影響
・生殖機能の温存方法について
・パートナーとの接し方
・主治医への質問のポイント
   などが記述されています

関心のある方は、ぜひご一読下さい

<入手申込先>

郵便番号・住所・氏名・希望部数を記入の上
返信用封筒(長3以上のサイズ)に送付先を
明記して92円切手を同封のうえ郵送で
お申込み下さい
(希望部数が20部を超える場合は別途着払い)

〒102-8554
東京都千代田区紀尾井町7-1
上智大学 総合人間科学部 看護学科
准教授 渡邊知映 宛て


下記のサイトも併せてご参照下さい
厚生労働省 若年乳がん患者の
サバイバーシップ支援プログラム

「がん治療と性について」

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR